当社は、 昭和26年、大阪市が半額出資し残りを倉庫・港運・船社等・関係業界が出資する公私共同出資による埠頭事業経営の株式会社として設立されました。
 その後、平成7年には此花区において石炭・ コークス・鉱砿石類などバラ貨物を専門に取扱う大阪北港埠頭株式会社と、 また、平成13年には大正区において鋼材を専門に取扱う大阪港鉄鋼共営埠頭株式会社と合併し、 現在では大阪港唯一の サイロ埠頭のほかバラ貨物埠頭・ 鋼材専門埠頭を運営するとともに舞洲での内貿埠頭、大正での食品流通センター、咲洲での食品低温流通センター、港晴での大阪港物流センターの運営も行う総合物流事業を展開しています。
  物流施設は、それぞれの施設が前面岸壁と一体になった、サイロビン71千立方メートル、バラ貨物野積場35千平方メートル、鋼材上屋・倉庫26千平方メートル等を有し、海陸および道路交通の結節点に立地するという恵まれた環境と相俟って、常に迅速・確実・安全をモットーに信頼できるサービスを提供しています。




 


 (c)This site and contents are protected by copyright.